1. ホーム
  2. 医師紹介・院長ブログ
  3. 鼠径ヘルニア手術と尿閉
論文紹介鼠径ヘルニア
田村 卓也副院長

鼠径ヘルニア手術と尿閉

鼠径ヘルニアの術後に尿閉(おしっこが出にくくなること)が起きることがあるといわれています。

鼠径ヘルニア修復術後の尿閉は全世界で5.9%~38%と報告されています。

この予防として術前にα遮断薬(前立腺肥大等に使用される薬剤、降圧効果もある)を使用することで術後の尿閉を減らせるのかを検証した論文です。

Prophylactic alpha‑blockade for prevention of post‑operative
urinary retention after inguinal hernia repair: a systematic review
and meta‑analysis 

8個のランダム化比較試験(RCT)が組み込まれたメタアナリシスです。

この研究ではα遮断薬の術前投与は全体としては尿閉の発生を抑制しなかった。と報告としていますが、

60歳以上の方に限るとα遮断薬の術前投与は尿閉を改善したと報告されています。

また別のサブグループ解析として興味深いのが、私たちの行っている腹腔鏡を用いた手術は、

前方アプローチの手術よりも尿閉が少なかったと報告されています。

 

この論文の結論としてはα遮断薬の術前投与は60歳以上の方には尿閉予防効果が期待できるとしています。

もちろん術後の合併症は尿閉だけではないですが、ご高齢の方であるほど腹腔鏡手術はお勧めできるのではないかとも思いました。

 

当院では帰宅前のチェックリストとして、排尿があったかどうかを確認するようにしております。

スタッフもその意義を理解しており、一丸となって治療にあたっています。

日帰り腹腔鏡手術は皆様に安心して手術を受けていただくための一つの手段と考えております。

 

著者

副院長
田村 卓也Takuya Tamura

略歴

2012年3月 川崎医科大学医学部卒業
2012年4月 川崎医科大学附属川崎病院
2014年4月 大阪赤十字病院
2022年12月 MIDSクリニック入職

資格

外科学会専門医/内視鏡外科学会技術認定医/癌治療認定医/JATEC(外傷診療研修)修了/緩和ケア講習会修了

所属

日本外科学会/日本消化器外科学会/日本内視鏡外科学会/大腸肛門病学会/日本ヘルニア学会/日本臨床外科学会

一覧へ戻る