1. ホーム
  2. 医師紹介・院長ブログ
  3. 鼠径ヘルニアの自己診断
鼠径ヘルニア
田村 卓也副院長

鼠径ヘルニアの自己診断

鼠径ヘルニアを疑ったらまずは受診いただくことをお勧めします。

その理由は、嵌頓がいつ発生するかわからないからです。

では、どのような症状が生じたら鼠径ヘルニアを疑えば良いのだろうか。

本日は鼠径ヘルニアの自己診断についてお話いたします。

 

鼠径ヘルニアの診断は視触診がメインで、その他の検査を補助的に組み合わせて行われます。

つまり、視て触るだけでおおよその見当がつくということです。

よく自己触診が推奨されている疾患として乳がんがあります。

同じように鼠径ヘルニアもご自身で触っていただくことで発見できることがあります。

 

私たちは鼠径ヘルニアを診察する機会が多いため、視触診の際に一定の判断基準を持っています。

しかし初めて鼠径ヘルニアを発症される方のほとんどは、経験がないので知らずに放置されている方も多いのではと思います。

そこで、鼠径ヘルニア視触診のポイントを可能な限りシンプルにまとめました。

①足の付け根の内側にしこりがあり、押したり、横になったりすると触らなくなる

②しこりが無くなった状態で立って動いていると再び触るようになる

この2点が確認されたものは鼠径ヘルニアである可能性が極めて高いです。

鼠径ヘルニアとその他の鼠径部の病変の最大の違いは、しこりが消失するということです。

立ったり、横になったりすることで数秒、数分の間に現れたり消えたりするという特徴は他の疾患ではまず見られません。

 

もちろんこの基準を満たさない方の中に鼠径ヘルニアが隠れていることもあります。

逆にこの基準を満たせば私はほぼ鼠径ヘルニアと確信することができます。

発見することで意識が変わり、実は日々悩んでいたあの症状の原因が鼠径ヘルニアだったということが分かるかもしれません。そして鼠径ヘルニアは治る病気です。

鼠径ヘルニアと確信が持てなくても問題ありません。少しでも気になることがあれば、いつでもご相談ください。

著者

副院長
田村 卓也Takuya Tamura

略歴

2012年3月 川崎医科大学医学部卒業
2012年4月 川崎医科大学附属川崎病院
2014年4月 大阪赤十字病院
2022年12月 MIDSクリニック入職

資格

外科学会専門医/内視鏡外科学会技術認定医/癌治療認定医/JATEC(外傷診療研修)修了/緩和ケア講習会修了

所属

日本外科学会/日本消化器外科学会/日本内視鏡外科学会/大腸肛門病学会/日本ヘルニア学会/日本臨床外科学会

一覧へ戻る