1. ホーム
  2. 医師紹介・院長ブログ
  3. 鼠径ヘルニアと運動について
所 為然院長

鼠径ヘルニアと運動について

近年は映像コンテンツの充実により、ご自宅でレッスン動画などを見て運動されている方も増えてまいりました。

現在はコロナによる規制も緩和され、運動に通われている方も増えたのではないでしょうか?

本日は運動と鼠径ヘルニアに関する話題です。

 

鼠径ヘルニアの国際ガイドラインにはヘルニアのリスク因子が記載されています。鼠径ヘルニアは男性に多く、対側のヘルニアがある方はもう片方に起きやすいなどが挙げられます。

また前立腺摘出術後など特定のご病気をお持ちの方に多いという傾向もあるといわれています。

ただこの中に運動を明らかなリスクとする提言は含まれていません。

 

運動そのものは健康増進に有益であり、制限する必要はなくむしろ励行すべきものと私は考えます。

 

運動と直接の関係はないかもしれませんが、1日6時間以上の立ち仕事や歩いての仕事をする方はヘルニアになりやすいというデータがあります。

また1日4000㎏以上の荷物を持ち上げる仕事をされている方もヘルニアになりやすいというデータがあります。

 

つまり、ウエイトトレーニングや長時間の運動などはリスクになる可能性があるかもしれません。

しかし先述した通り運動は励行するべきものと考えますので、皆様にはたとえヘルニアになったとしても治療後に運動を続けていただきたいと思います。

 

ヘルニア術後はウォーキングなどの軽い運動であれば術翌日からでも可能です。

ウエイトトレーニングやランニング、競技スポーツなどの強度の高い運動は術後1週間以降から行っていただくのが一般的です。

日々トレーニングに励んでおられる方の中にも、鼠径ヘルニアに悩まれている方がおられると思います。

お時間は取らせません。運動を愛好されている方にも日帰り手術は良い選択であると考えます。

著者

院長
所 為然Yukinari Tokoro

略歴

2010年3月 広島大学医学部医学科卒業
2010年4月 成田赤十字病院
2012年4月 千葉大学医学部付属病院肝胆膵外科
2014年4月 千葉県がんセンター消化器外科
2017年4月 大阪赤十字病院消化器外科
2022年12月 MIDSクリニック開院

資格

外科学会専門医/消化器外科学会専門医/消化器がん外科治療認定医/緩和ケア講習会修了

所属

日本外科学会/日本消化器外科学会/日本臨床外科学会/日本医癌学会/日本内視鏡外科学会/日本食道学会/日本ヘルニア学会/日本臨床栄養代謝学会

一覧へ戻る