1. ホーム
  2. 医師紹介・院長ブログ
  3. 7月15日は何の日?
雑談
田村 卓也副院長

7月15日は何の日?

本日7月15日は中元に当たります。古来よりある風習で、半年生存の無事を祝い、祖先の霊を供養する日とされています。中元は室町時代、公家の間で広がっていき、江戸時代には庶民にも馴染みのある慣習として広がっていったと言われています。

 

室町時代の平均寿命は何と16歳、江戸時代でも38歳程度であったと言われています。今の半分以下ですね。当然当初は現代のような手術等はありませんでした。

そんな時代鼠径ヘルニア(脱腸)嵌頓や虫垂炎(盲腸)は致死的な病気でした。医療の発展した現在ではこれらの病気で命を落とすことはほとんどなくなりましたが、いつ緊急事態になるかわからないという点においては今も重要な健康問題の一つです。

私たちはそんな問題に日帰り腹腔鏡手術で挑みます。

 

著者

副院長
田村 卓也Takuya Tamura

略歴

2012年3月 川崎医科大学医学部卒業
2012年4月 川崎医科大学附属川崎病院
2014年4月 大阪赤十字病院
2022年12月 MIDSクリニック入職

資格

外科学会専門医/内視鏡外科学会技術認定医/癌治療認定医/JATEC(外傷診療研修)修了/緩和ケア講習会修了

所属

日本外科学会/日本消化器外科学会/日本内視鏡外科学会/大腸肛門病学会/日本ヘルニア学会/日本臨床外科学会

一覧へ戻る