1. ホーム
  2. 医師紹介・院長ブログ
  3. 鼠径ヘルニア(脱腸)で痛みを感じたら
鼠径ヘルニア
田村 卓也副院長

鼠径ヘルニア(脱腸)で痛みを感じたら

鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)は、鼠径部(股の付け根)に腸や脂肪組織が飛び出す状態で、痛みや不快感を伴うことが多いです。

ここでは、鼠径ヘルニアの痛みを感じた場合の対処法や注意点について詳しく解説します。

 


鼠径ヘルニアとは?

定義と原因

鼠径ヘルニアは、鼠径部の筋膜や筋肉が弱くなり、腸や脂肪組織がその隙間から飛び出すことで起こります。主な原因は加齢による筋膜の弱化、腹圧の増加(重い物を持ち上げる、便秘、咳など)、および遺伝的要因です。

症状

初期症状には、鼠径部の軽い不快感や腫れがあります。症状が進行すると、痛みが出ることがあります。痛みは特に立ったり、体を動かしたりすると感じやすいです。


痛みを感じたらどうする?

専門の医療機関の受診 を受診してください

痛みは急変のサインかもしれません。鼠径ヘルニアは[嵌頓」と言って飛び出した臓器が戻らなくなる状態になることがあります。嵌頓になると痛みを生じ、最悪の場合飛び出した臓器が壊死を起こしてしまうことがあります。痛みがある場合は早めの受診をお願いします。

 


手術について

手術の必要性 

自然には治らない病気なので、診断がついた段階で手術の適応があります。痛みが強く、日常生活に支障をきたす場合や、ヘルニアが嵌頓(かんとん)する恐れがある場合は、早めの手術が必要になります。

手術の種類

  • 腹腔鏡手術:小さな切開口からカメラと手術器具を挿入し、ヘルニアを修復します。
  • 鼠径部切開手術:直接ヘルニアを修復する方法で、従来から行われている手術法です。

手術後の回復

手術後は、医師の指示に従い、安静を保ちつつ、徐々に日常生活に戻るようにしましょう。

 


まとめ

鼠径ヘルニアの痛みを感じたら、まずは専門の医療機関にご相談ください。

痛みが強くなった場合は手術が必要になることもあるため、早めに専門医の診断を受け、適切な対応を行いましょう。

ヘルニアの痛みや不安に悩まされることなく、健康的な生活を取り戻すための参考にしていただければ幸いです。

 

大阪うめだ鼠径ヘルニアMIDSクリニックでは24時間365日相談を受け付けております。

相談するだけでもお悩みの半分は解決すると思いますので、お気軽にお問合せ下さい。

著者

副院長
田村 卓也Takuya Tamura

略歴

2012年3月 川崎医科大学医学部卒業
2012年4月 川崎医科大学附属川崎病院
2014年4月 大阪赤十字病院
2022年12月 MIDSクリニック入職

資格

外科学会専門医/内視鏡外科学会技術認定医/癌治療認定医/JATEC(外傷診療研修)修了/緩和ケア講習会修了

所属

日本外科学会/日本消化器外科学会/日本内視鏡外科学会/大腸肛門病学会/日本ヘルニア学会/日本臨床外科学会

一覧へ戻る