1. ホーム
  2. 医師紹介・院長ブログ
  3. スポーツは鼠径ヘルニアの原因になるか? ~ボクシング~
鼠径ヘルニア
所 為然院長

スポーツは鼠径ヘルニアの原因になるか? ~ボクシング~

こんにちは、大阪うめだ鼠径ヘルニアMIDSクリニックです。

今回は、ボクシングと鼠径ヘルニアの関係についてお話しします。

ボクシングと鼠径ヘルニアの関係

ボクシングは非常に激しいスポーツであり、筋肉や関節に多大な負荷がかかります。

この負荷が鼠径部(足の付け根)に集中することが多く、鼠径ヘルニアのリスクを高めるかもしれません。

しかし、現在のところ、ボクシングと鼠径ヘルニアの発症には直接的な関連があるとは言えません。

つまり、ボクシングを行うことで必ずしも鼠径ヘルニアが発症するわけではないということです。

予防と治療

残念ながら、鼠径ヘルニアを完全に予防することは難しいです。どれだけ注意を払っても発症リスクをゼロにすることはできません。鼠径ヘルニアが疑われる場合、唯一の治療法は手術です。

手術によって、ヘルニアの内容物を正しい位置に戻し、鼠径管を補強することが必要となります。

鼠径ヘルニアが疑われる症状

鼠径ヘルニアの主な症状として、足の付け根や股関節に膨らみが見られることがあります。この膨らみは、運動後や長時間の立位で特に顕著になることがあります。痛みや不快感を伴うことも多いので、早めの診察が重要です。

ご相談ください

もし、足の付け根や股関節に膨らみが見られ、鼠径ヘルニアが疑われる場合は、大阪うめだ鼠径ヘルニアMIDSクリニックにご相談ください。

当院では、専門的な診断と治療を行っておりますので、安心してご来院いただけます。

スポーツを楽しむことは非常に重要ですが、体の異変を感じたら早めに専門医に相談することをお勧めします。

皆さんの健康をサポートするために、全力でサポートさせていただきます。

 

足の付け根、股関節前面の膨らみ、しこりは鼠径ヘルニアかもしれません。

鼠径ヘルニアの日帰り腹腔鏡手術なら大阪うめだ鼠径ヘルニアMIDSクリニックにお任せください。

相談は電話、LINEから24時間365日受け付けております。

著者

院長
所 為然Yukinari Tokoro

略歴

2010年3月 広島大学医学部医学科卒業
2010年4月 成田赤十字病院
2012年4月 千葉大学医学部付属病院肝胆膵外科
2014年4月 千葉県がんセンター消化器外科
2017年4月 大阪赤十字病院消化器外科
2022年12月 MIDSクリニック開院

資格

外科学会専門医/消化器外科学会専門医/消化器がん外科治療認定医/緩和ケア講習会修了

所属

日本外科学会/日本消化器外科学会/日本臨床外科学会/日本医癌学会/日本内視鏡外科学会/日本食道学会/日本ヘルニア学会/日本臨床栄養代謝学会

一覧へ戻る