1. ホーム
  2. 医師紹介・院長ブログ
  3. 鼠径ヘルニアになりやすいお仕事
所 為然院長

鼠径ヘルニアになりやすいお仕事

はじめに

こんにちは大阪うめだ鼠径ヘルニアMIDSクリニックです。

本日は鼠径ヘルニアで受診される患者様に多い職業についてです。

1. 建設作業員

建設作業員は、重い物を持ち上げたり運んだりすることが日常的に求められます。

これらの作業は腹圧を高めるため、鼠径ヘルニアのリスクが高まります。

また、長時間の立ち仕事や過度の身体的労働もリスク要因です。

2. 運送業者

運送業者も、頻繁に重い荷物を扱う必要があります。

荷物の積み下ろしや移動は腹圧を高める動作であり、鼠径ヘルニアのリスクを高めます。

適切な持ち上げ技術や補助具の使用が推奨されます。

3. 農業従事者

農業従事者もまた、重労働が伴う職業の一つです。

土を掘る、肥料を運ぶ、収穫物を運搬するなど、多岐にわたる身体的労働が求められます。

これらの作業が長時間続くと、鼠径ヘルニアのリスクが増加します。

4. 清掃員

清掃員は、頻繁に掃除機をかけたり、重い清掃用具を扱ったりする必要があります。

これらの動作は、特に適切な姿勢で行わないと腹圧を高め、鼠径ヘルニアを引き起こす可能性があります。

5. フィットネスインストラクター

フィットネスインストラクターは、自身が運動を指導する際に高強度のトレーニングを行うことが多いです。

特にウェイトリフティングや腹筋運動などは腹圧を高めるため、注意が必要です。

6.美容師・理容師

これが最も以外な職業ではないかと思いますが、長時間の立ち仕事を要求されるという点でリスクがあると言えます。

実際営業時間も長い場合も多く、同業者でも多いという声をよく耳にします。

 

まとめ

鼠径ヘルニアは、特定の職業に従事することでリスクが高まる病気です。

建設作業員、運送業者、農業従事者、清掃員、フィットネスインストラクターなど、身体的負担が大きい職業に就いている方は、定期的にお風呂でご自身の体を観察してみて下さい。

鼠径ヘルニアを予防することは難しいですが、鼠径ヘルニアでの緊急手術を予防することはできます。

大阪うめだ鼠径ヘルニアMIDSクリニックは皆様の転ばぬ先の杖でありたいと考えています。

いつでもご相談ください。

著者

院長
所 為然Yukinari Tokoro

略歴

2010年3月 広島大学医学部医学科卒業
2010年4月 成田赤十字病院
2012年4月 千葉大学医学部付属病院肝胆膵外科
2014年4月 千葉県がんセンター消化器外科
2017年4月 大阪赤十字病院消化器外科
2022年12月 MIDSクリニック開院

資格

外科学会専門医/消化器外科学会専門医/消化器がん外科治療認定医/緩和ケア講習会修了

所属

日本外科学会/日本消化器外科学会/日本臨床外科学会/日本医癌学会/日本内視鏡外科学会/日本食道学会/日本ヘルニア学会/日本臨床栄養代謝学会

一覧へ戻る